転職求人徹底解剖

マイナビ転職に効果的に掲載されるために、求人広告代理店を利用する

マイナビ転職に求人広告の掲載を予定している方に向けて、求人広告代理店の利用をすすめるサイトです。
利用する前に読んで、参考にしてください。

l_05

●マイナビ転職と求人広告代理店

マイナビ転職は、転職を考えている人の多くが利用している日本最大級の転職サイトです。

260万人が登録し、3000件以上の求人情報が掲載されています。

その中では、求職者側も企業側も常に競い合っています。

現在は買い手市場といわれていますが、マイナビ転職内でも広告の大きさや効率のよさを、企業間で競っているのが現状です。

その中でどのように求職者にアピールするのか。

それをともに考えるのが求人広告代理店です。

効果的な内容に仕上げるパートナーとして、利用するべき価値があると考えています。

●求人広告代理店がやってくれること

広告を掲載する際に、代理店は何をしてくれるのでしょうか?

まずは媒体選びです。

そのサイトによってどのような分野を得意としているのかが違います。

IT系や金融系を得意としているサイトがありますが、マイナビ転職は不得意分野がなく、幅広く扱っています。

これは、対象とする企業だけでなく、求職者のキャリア・年齢も幅広いということです。

次に、掲載する期間と広告の大きさの選定です。

予算に対して広告の大きさを決めるのが基本ですが、欲している人材の市場によって変わるものです。

現在では、看護師が引く手あまたという状況なので、全体が買い手市場でも看護師業界は売り手が有利となっています。

このように、市場の動向を読んで広告の大きさと期間を決める必要があります。

また、写真や文章の選定もあります。

写真は社内の雰囲気をよく伝えるので注意が必要ですし、文章も冗長にならないように気をつけなければなりません。

それには、多めに書いて削ると濃いものが残るようになります。

●その他のサービス

最近では転職サイトが直接求職者を指導することが増え、応募者と企業のミスマッチが減少傾向にあるといえます。

とはいえ、まだ溝はあり、企業側も適切に応募者の希望を読み取らなければなりません。

求人広告代理店では、書類選考までを引き受けてくれるサービスがあります。

人事に人数が割けない企業などには、ふさわしいサービスといえるでしょう。

●まとめ

転職サイト上での企業間の競争は増しています。

より効果的、合理的な広告を載せることが求められるでしょう。

マイナビ転職などの、特定の分野を得意としていない媒体ではなおさらそうなります。

自社の予算と人員を考えて、求人広告代理店を利用することを考えてみてください。

求人広告を考える

●求人広告とSEO

求人広告代理店もSEOを利用して検索の順位を上げて流入を増やすべきです。

やはり現在では広告代理店も多いのでSEOは必須であるといえます。

そのSEOはECサイトやネットショップにも利用が有効だといえます。

代理店もWEBを利用しているのが当たり前なので、今後はECやネットショップに限らずサイトに関わるもの全てにSEOが必須となるでしょう。

ネットショップのSEOで上位表示